*Just the Way You Are* ~はみ出し者の旅~

サッカー、音楽、旅などについて書いてます。遠回りの人生の中で感じたことを只々、綴っています。お問い合せはこちら。Mail : jtwya.s21@gmail.com

【日本代表】ロシアワールドカップメンバー23名『西野朗監督の目線で予想してみた』

f:id:jtwya_s21:20180514141253j:plain




 こんにちは、Kei(@s21cd4869)です。


 いよいよロシアワールドカップへ挑むメンバー23名の発表まで約2週間となった。
所属クラブで出場機会を失ってしまっている選手、直近の試合で怪我を負ってしまった選手、怪我から復帰してきた選手など、コンディションがキーになってくる中で、やはり、選手ごとにコンディションのばらつきが気になるところである。

 

www.jtwya-s21.work

 

少し前に大枠である35名の予想をしましたので、その35名を踏まえた上で本大会に挑む23名を予想していきたいと思います。
この記事は、あくまでも現実的な予想になります。
次のエントリーで、個人的な願望を込めた23名をお届けしたいと思いますので、そちらもよろしくお願いします。

f:id:jtwya_s21:20180514141307p:plain

JFA公式より

 

GK

 守護神は、やはり川島永嗣だろうと思う。彼の経験を大舞台で発揮してもらいたい。2人目は、中村航輔。ロシアワールドカップ以降の日本代表のゴールマウスを守っていくことになるであろう選手。出場機会があるかどうかは分からないが、今後の為にも、経験を積んで欲しいと思う。3人目は、東口順昭。骨折したことが気がかりではあったが、先日のリーグ戦では安定したパフォーマンスを披露していた。




DF

 

CB


 まず、センターバックの1人目は、吉田麻也。日本の絶対的なディフェンスリーダー。吉田の代わりになる選手がいないのが、現状。2人目は、槙野智章。長年、控えが定位置であったが、対人の強さを発揮し、レギュラーに定着。物怖じしない彼のようなタイプは重要なピースである。3人目は、森重真人。最近は、代表での出場機会を得られていなかったが、現在好調のFC東京の守備を牽引している。

SB


 次にサイドバック。右サイドの1人目は、酒井宏樹。怪我から復帰したばかりだが、今の代表チームでは絶対的な存在になった。前回大会は、控えという立場だっただけに、今大会にかける想いも強いものがあるはず。2人目は、酒井高徳。最近のパフォーマンスは満足のいくものではなかったが、やはり、経験があり、左右のサイドバック、そして、ボランチまでこなせるユーティリティーさは重要なピースになる。

左サイドバックの一人目は、長友佑都。南アフリカ以降、絶対的な存在として代表を引っ張ってきた選手。彼もおそらく最後のワールドカップになるだろう。2人目は、車屋紳太郎。正直、代表ではまだまだ本来の力を発揮できていない感はあるが、左利きのサイドバックはやはり、置いておきたいと考えるのではないか。


 

MF

 

DMF

 ボランチの1人目は、長谷部誠。個人的には、彼のパフォーマンスには納得がいっていないが、主将として彼が果たす役割は大きい。センターバックもこなせる。リーグ戦でレッドカードを受けたことで、実戦から遠ざかっていることが気がかりではある。2人目は、山口蛍。パスセンスの低さが目立つが、ボールを奪える選手。コンディション的には問題ないだろう。3人目は、大島僚太。日本屈指の技術の持ち主。ゲームメイクができて、決定的な仕事もできる選手。守備面での向上も見られる。1列前での起用も考えられる。カタールへ向かう代表チームの主力になる選手。今大会でさらなる成長のきっかけとなる何かを得てほしいと思う。


OMF

 攻撃的なミッドフィルダーの1人目は、柴崎岳。スペインに渡り、巧さだけでなく、戦える選手になりつつある。決定的な仕事を一つでもしてもらいたい。2人目は、本田圭佑。本田の良さは真ん中でこそ生きる。西野さんもそう考えるのではないかと。3人目は、森岡亮太。ハリルホジッチ体制では、いまひとつ彼の良さが発揮されていなかったが、リーグでの活躍は目を見張るものがある。

FW

 

WG

 右のウィングの1人目は、久保裕也。調子に波がある感は否めないが、裏を狙える選手。2人目は、宇佐美貴史。ドイツで調子を取り戻し、代表に返り咲いた選手。大舞台で結果を残せれば、今までの道が間違っていなかったことを証明できる。

左のウィングの1人目は、原口元気。攻守に存在感を発揮できる運動量は武器になる。スタートから計算のできる選手。2人目は、乾貴士。チャンスを作り出せる選手。決定力が備われば、スタメンを奪える。3人目は中島翔哉。ジョーカーとして、一人でも状況を打開できる選手。彼の仕掛けは代表チームに不可欠だろう。


CF

 センターフォワードの1人目は、大迫勇也。当たり負けせずに、前線でボールを収められるのは魅力。2人目は、岡崎慎司。数字に表れないところでも、チームに貢献できる選手。

 

GK
川島永嗣 (メス/フランス)
中村航輔 (柏レイソル)
東口順昭 (G大阪)

DF
吉田麻也 (サウサンプトン/イングランド)
槙野智章 (浦和レッズ)
森重真人 (FC東京)

酒井宏樹 (マルセイユ/フランス)
酒井高徳 (ハンブルガー/ドイツ)
長友佑都 (ガラタサライ/トルコ)
車屋紳太郎 (川崎フロンターレ)

MF
長谷部誠 (フランクフルト/ドイツ)
山口蛍 (セレッソ大阪)
大島僚太 (川崎フロンターレ)

柴崎岳 (ヘタフェ/スペイン)
本田圭佑 (パチューカ/メキシコ)
森岡亮太 (アンデルレヒト/ベルギー)

FW
久保裕也 (ヘント/ベルギー)
宇佐美貴史 (デュッセルドルフ/ドイツ)

原口元気 (デュッセルドルフ/ドイツ)
乾貴士 (エイバル/スペイン)
中島翔哉 (ポルティモネンセ/ポルトガル)

大迫勇也 (ケルン/ドイツ)
岡崎慎司 (レスター/イングランド)


以上23名。




サッカー関連おすすめ本