*Just the Way You Are* ~はみ出し者の旅~

サッカー、音楽、旅などについて書いてます。遠回りの人生の中で感じたことを只々、綴っています。お問い合せはこちら。Mail : jtwya.s21@gmail.com

【J2】今シーズンの注目選手~J2編~







 こんにちは、Kei(@s21cd4869)です。
J1編に続いて、J2編をお送りします。


 


f:id:jtwya_s21:20180409014511j:plain



モンテディオ山形

MF18 南秀仁

 モンテディオはアタッカーの南選手。昨シーズンは怪我で離脱したが、ゴール前で違いを生み出せる選手。今シーズンはモンテディオのJ1昇格に向けて、チームの攻撃を牽引する。


水戸ホーリーホック

FW41 安彦考真

 クラウドファンディングを利用し、最終的にJリーガーになり話題にもなった選手。ここからは結果も求められる世界。どんなプレーをするのか注目したい。無謀とも言える挑戦の果てに何が待っているのか。


栃木SC

MF50 二川孝広

 寡黙な司令塔。彼のような選手が減ってきてしまったことは残念だが、ベテランになった今でも健在。10番タイプとして注目している選手。大黒とのガンバ大阪のホットラインにも注目したい。


大宮アルディージャ

MF8 茨田陽生

 J2でここまで苦しんでいる印象のアルディージャ。J1復帰のキーになる選手は茨田選手だと思っている。守備でハードワークをしながらも、前線に飛び出してゴールも奪える選手。彼の活躍がアルディージャをJ1へ押し上げるだろう。


ジェフユナイテッド千葉

MF10 町田也真人

 ジェフはJ2に留まっているべきクラブではないと思う。今シーズンこそ、J1の舞台に帰ってきて欲しい。そんなジェフの攻撃を引っ張る町田選手に注目している。J1に昇格するには彼の活躍が必要不可欠だ。ハードワークできる司令塔がジェフのキーマンだろう。


東京ヴェルディ

MF35 藤本寛也

 僕自身も左利きなので、やはり左利きの選手には注目して観てしまう。その中でルーキーの藤本選手は面白い選手の一人。まだまだ荒削りだが右サイドにポジションを取った際に左足でボールを持ったときには面白いプレーをしている。ルーキーだが、ロティーナ監督が起用する理由が分かる。


FC町田ゼルビア

MF7 杉森考起

 ブラジルワールドカップでサポートメンバーとして帯同していた選手。20歳になり、そろそろ結果を残したいところ。今シーズン、インパクトを残して欲しい選手。

 

横浜FC

MF35 松井大輔

 ポーランドを経て、再びJリーグへ復帰。あと何試合観れるか分からないので、観れるときには観ておきたい選手。ボールを持ったらワクワクする選手。ベテランになっても技術は衰えない。


ヴァンフォーレ甲府

MF7 堀米勇輝

 アルディージャと同様に、ここまでJ2での戦いで苦しんでいる印象。ここから巻き返し、J1へ復帰するには、堀米勇輝の活躍が不可欠だろう。左足から数多くのチャンスを生み出して欲しい。甲府の至宝が殻を破るには絶好のシーズンなのかもしれない。


松本山雅FC

MF25 前田直輝

 マリノスから2シーズンぶりに松本へ復帰。マリノスでレギュラーを勝ち取れなかったことは残念だった。しかし、もう一度ここから這い上がってもらいたい選手。「翔哉が日本代表に入るのなら、自分もその舞台に行く」と言った。そのためにも、まず、松本で輝きを放ちたいところ。


アルビレックス新潟

MF33 高木善朗

 オランダでのプレー経験もある選手。ヴェルディを経て、新潟へ移籍。個人的にはJ1で観たい選手。ポテンシャルを十分に発揮できれば、Jでもトップレベルの選手になれると思っている。


ツエーゲン金沢

MF11 杉浦恭平

 運動量を武器に攻撃で絡んでいける選手。ゴールに絡むプレーを増やせれば、もう一つ上にいける選手。靜学出身でもあり、技術は高いものをもている選手。今シーズンは結果を求めたいところ。


FC岐阜

MF14 風間宏矢

 現名古屋グランパス監督である風間八宏の息子。フロンターレ時代によく観ていた選手。フロンターレでは結果を残せなかったが、岐阜に加入してからは安定したパフォーマンスを見せている印象。大木監督が率いるサッカーの中でどう自分の力を発揮していくか、今シーズンも注目したい。


京都サンガF.C.

DF4 田中マルクス闘莉王

 守備でも、攻撃でも存在感を発揮する闘将。気持ちを前面に出して戦える選手は貴重だと思う。J1昇格を狙うチームを引っ張るベテランに注目。

ファジアーノ岡山

FW16 リカルド サントス

 先日、セレッソ大阪からの移籍が発表された選手。J2の戦いでFWとしての仕事をできるのか、現在好調をキープするチームにどのように融合していくのか注目したい。

 

レノファ山口FC

FW18 高木大輔

 高木三兄弟の末っ子。自身の成長のために、愛する緑のクラブを離れることを決断。リーグ開幕からJ2で首位を争うチームの攻撃を引っ張っている。一回りも二周りも大きくなってヴェルディへ帰還してくれることを願いつつ、彼の活躍を見届けたい。


カマタマーレ讃岐

FW9 我那覇和樹

 37歳とベテランになった。日本代表やフロンターレ時代によく観ていた選手。出場機会はそこまで多くはないが、今シーズンのどこかで観ておきたい選手の一人。


徳島ヴォルティス

MF41 狩野健太

 昨シーズンまで所属していたフロンターレではなかなか出場機会を得られず、不完全燃焼に終わったが、技術的には申し分ない選手。徳島のサッカーの中で彼の能力を生かして、どのようにアクセントをつけていくのか注目したい。


愛媛FC

MF10 神谷優太

 湘南から期限付きで加入した選手。東京五輪を目指す選手の一人。司令塔タイプの選手でフリーキックも良いものを持っている。個人的にも好みの選手。武者修行で成長して欲しい選手。


アビスパ福岡

MF33 山瀬功治

 
 ベテランになった今でも、まだまだ健在。昨シーズンは惜しくもJ1復帰とはならなかったが、今シーズンも攻撃を引っ張っていくのは山瀬功治だろう。彼もまだJ1で戦える選手。今シーズンこそ、J1への切符を勝ち取ってほしい。


ロアッソ熊本

FW18 巻誠一郎

 魂のストライカー。熊本地震のあと、復興のために多くのサポートを行なっていた選手。今シーズンも魂を込めたプレーに期待したい。


大分トリニータ

MF7 松本怜

 独特のドリブルから、攻撃を操る選手。技術に長けていて、J1でも十分に通用する選手だろうと思う。

 

 

www.jtwya-s21.work

 



 



サッカー関連おすすめ本