*Just the Way You Are* ~はみ出し者の旅~

サッカー、音楽、旅などについて書いてます。遠回りの人生の中で感じたことを只々、綴っています。お問い合せはこちら。Mail : jtwya.s21@gmail.com

【ロシアW杯】ファイナルへの切符を懸けた戦い『フランスvsベルギー』



f:id:jtwya_s21:20180514141253j:plain

Russia World Cup




こんにちは、Kei@s21cd4869)です。


大会は23日目。

いよいよ準決勝。勝てばファイナルへ進める大一番。






f:id:jtwya_s21:20180620010510j:plain

Russia World Cup






 

前半




 フランスは、[4-2-3-1] 左サイドに出場停止明けのマテュイディが先発に復帰。ベストメンバーで挑む準決勝。


ベルギーは、ムニエが出場停止で代わってデンベレが先発出場。


ディフェンスは、ファルトンゲン、コンパニー、アルデルヴァイレルト。中盤は、ヴィッツェルとデンベレのダブルボランチ。右サイドにシャドリ、左にアザール。全線は、ルカクを頂点にして、その下にフェライニとデ・ブライネという構成。


攻撃時には、[3-4-2-1] シャドリがサイドで高い位置を取り、3バックに変える。


守備時には、[4-2-3-1] のような陣形を取る。シャドりが右サイドバックに落ちて、3枚のディフェンスが左に1枚スライドする形。


立ち上がり、フランスが右サイドからチャンスを作ったが、それ以外はお互いに様子を見ながらの展開が続く。


ベルギーがボールを握る。ベルギーはちょっとしたパスのズレからボールを失い、フランスのカウンターを浴びる。


フランスは右サイドから、ベルギーは左サイドからいくつかチャンスを作る。


ベルギーは左サイド(フランスの右サイド)から攻める狙いが感じられた。エムバペが守備をしない(下がってこない)のでパバールのところで数的優位を作りやすく、明らかに狙っていた。




 


後半




 選手交代はなし。


51
分、グリーズマンのコーナーキックからウンティティが決めてフランスが先制。ニアへの狙いと、フェライニの前に入るポジションが素晴らしかった。


60
分、デンベレメルテンス


デ・ブライネがいたポジションにメルテンスが入って、デンベレがいたポジションにメルテンスが入った。


フランスが1点をリードしたことで少し重心が下がったので、デ・ブライネを3列目に落とす決断。


80
分、フェライニカラスコ


フェライニを下げて、カラスコ入れて勝負に出るのもありかなと思っていたら、まさにその交代。


アザールが中に入って、左サイドにカラスコ。


85
分、ジルーエンゾンジ


グリーズマンがトップに入り、エンゾンジがボランチに入り、ポグバが一列前に。


86
分、マテュイディトリッソ


91
分、シャドリバチュアイ


 
フランスが決勝へ進出。
ベルギーは3位決定戦へ。



グループステージでの戦いを観て、フランスがここまで勝ち進むとは思っていなかった。攻守のバランスや、チームとしてのバランスがグループステージの段階ではあまり良くなかった印象があったのだが、試合をこなすごとに、自分たちのバランスを見つけていった感じが見受けられる。






 





 

www.jtwya-s21.work

 




サッカー関連おすすめ本