*Just the Way You Are* ~はみ出し者の旅~

サッカー、音楽、旅などについて書いてます。遠回りの人生の中で感じたことを只々、綴っています。お問い合せはこちら。Mail : jtwya.s21@gmail.com

【ロシアW杯】死力を尽くした激闘の末。『ロシアvsクロアチア』

f:id:jtwya_s21:20180514141253j:plain

Russia World Cup



 こんにちは、Kei@s21cd4869)です。

 

準々決勝最後のゲーム。
BEST4進出の最後の椅子を掛けた開催国ロシアとクロアチアの対戦。




f:id:jtwya_s21:20180620010510j:plain

Russia World Cup



 

前半

 

 

 ロシアは、[4-2-3-1] 左サイドのジルコフが負傷もあって、ベンチスタート。代わって、チェリシェフが先発。

 

 

クロアチアは、[4-4-2] モドリッチとラキティッチのダブルボランチ、トップ下にクラマリッチ、マンジュキッチのワントップという発表があったが、マンジュキッチとクラマリッチは縦関係にもなるが、横並びにも。ロシアに合わせて、[4-4-2] に変えてきた。

 

 

立ち上がりはクロアチアが押し込む展開。ラキティッチがセンタバックの真ん中に落ちてビルドアップ。モドリッチは相手の[4-4-2]の22トップ)の横のスペースでゲームを作っている。

 

 

モドリッチと、ラキティッチが上手く絡みながら、ボールを良いリズムで供給しなが、ロシアのディフェンスを剥がしていく。また、両サイドはドリブルでアクセントを付けている。

 

 

32分、ロングボールをジュバが競る。セカンドを拾ったチェリシェフが迷いなく左足を振り抜き、ボールはネットを揺らす。しかし、チェリシェフのシュートは素晴らしかった。1-0

 

 

39分、ロングボールからサイドを上手く攻略し、マンジュキッチのクロスに最後はクラマリッチが決めて、同点。1-1

 

 

1-1の同点で前半終了。



 



後半

 

 

 54分、A.サメドフ→A.エロヒン


モドリッチからのスペースへのパスから、ストリニッチがクロス。マンジュキッチがなんとか折り返し、こぼれ球をボックス内で拾ったペリシッチが相手を外しながらゴール左を狙うも、ポストに嫌われる。


63
分、イヴァン・ペリシッチマルセロ・ブロゾビッチ


中盤の構成をブロゾビッチをアンカーにして、その前にモドリッチとラキティッチという逆三角形の形にしたか。モドリッチを前に出して、決定的な仕事をさせたいという狙いか。

また、マンジュキッチを右サイドに出して、レビッチを左サイドに。


モドリッチのセカンドボールやこぼれ球への反応が冴えている。相手の攻撃の芽を摘み、マイボールにし、チャンスを演出する。ロシアはカウンターをなかなかさせてもらえていない。


ブロゾビッチ投入から、ロシアはカウンターを封じられている。中盤はブロゾビッチ、ラキティッチ、モドリッチ、前に出た2人がプレッシャーにいき、サイドバックはインサイドに絞りながら対応。


67
分、チェリシェフスモロフ


74
分、ストリニッチピヴァリッチ


79
分、ジュバガジンスキー


モドリッチには流石に疲れが見える。休ませたいところだが、この状況では代えられない。


87
分、クラマリッチコバチッチ


モドリッチは体力的にも、身体的にもキツいはずなのに、一番走って、戦っている。気迫すら感じる。


90
分終了して、1-1
勝負の行方は延長戦へ。



 



延長前半




 97
分、ブルサリコチョルルカ


ブルサリコが負傷交代。チョルルカがセンターバックに入って、ヴィダが右サイドバックに。スパシッチの状態も良くない中で最後のカードを切らざるを得なくなった。


モドリッチが相手を剥がして獲得したコーナーキック。モドリッチの蹴ったボールにヴィダが合わせて、クロアチアが勝ち越し。しかし、モドリッチのプレーが本当に凄い。


102
分、ゴロビンジャゴエフ




延長後半




 115
分、ピヴァリッチのハンドで与えたフリーキックから、マリオ・フェルナンデスが決めて同点。2-2


もうロシアが凄いとしか言えない。


死力を尽くした120分。

ペナルティキック戦へ。





ペナルティキック



ロシア  :× ○ × ○ ○
クロアチア:
○ × ○ ○ ○


ロシア

  1. スモロフ
  2. ジャゴエフ
  3. フェルナンデス
  4. イグナシェヴィッチ
  5. クジャエフ

 


クロアチア

  1. ブロゾビッチ
  2. コバチッチ
  3. モドリッチ
  4. ヴィダ
  5. ラキティッチ




苦しんだクロアチアがBST4進出。






 


 

 

www.jtwya-s21.work

 

 

 

サッカー関連おすすめ本