*Just the Way You Are* ~はみ出し者の旅~

サッカー、音楽、旅などについて書いてます。遠回りの人生の中で感じたことを只々、綴っています。お問い合せはこちら。Mail : jtwya.s21@gmail.com

【ロシアW杯】流れを変えたセットプレー。『ウルグアイvsフランス』

f:id:jtwya_s21:20180514141253j:plain

Russia World Cup



 こんにちは、Keis21cd4869)です。

 

大会は20日目。今日から準々決勝が始まった。





f:id:jtwya_s21:20180620010510j:plain

Russia World Cup





 




前半

 

 

 ウルグアイは、[4-4-2] 決勝トーナメント1回戦のポルトガル戦で負傷したカバーニがこのゲームを欠場。代わって、ストゥアニがスタメン。

 

フランスは、[4-3-3] 左サイドに入っていたマテュイディが出場停止。代わりにトリッソが先発。フランスは今までと中盤の構成を変えてきた。

 

 

 

両チームともに、トラジションのところでの速さ、激しさが目立つゲーム展開。ウルグアイは、高い位置で奪って、ショートカウンターを仕掛けるという狙いが感じられる。

 

 

40分、こぼれ球を拾ったトリッソがベンタンクールからファールを受けてフリーキックを獲得。グリーズマンのフリーキックにヴァランが合わせて、フランスが先制。キッカーがタイミングをずらして、動いたディフェンスラインの手前で触るという、上手いセットプレーだった。恐らく、練習通りの形ではないかと。

 

 

前半、流れを掴んでいたのは、ウルグアイだったが、セットプレーでフランスが先制点を挙げた。ウルグアイにとっては痛い失点。フランスにとっては、流れが良くない中で、大きな得点。






 

 

後半

 

 

59分、ストゥアニマキシ・ゴメス

 

           ベンタンクールクリスティアン・ロドリゲス

 

ダイアモンド型だった中盤をフラットな型にシステムを変更。

 

 

61分、ポグバからパスを受けたグリーズマンが、ボックスの手前から左足を振り抜く。ブレたボールはムスレラの手を弾き、ゴールへ吸い込まれた。0-2。ここまで安定したパフォーマンスを披露していたので、このプレーを責める気にはなれない。これはグリーズマンのキックを褒めるべきだろう。


それにしても、今大会の公式球である“テルスター”はゴールキーパーにとっては対応が難しいボールになっていると感じる。


73分、ナンデスウレタビスカヤ

79分、トリッソエヌゾンジ


ロングボールを放り込むしかないウルグアイに対して、フランスは交代カードを切る。ここで高さがあるエヌゾンジを投入。この交代は、ゲームを終わらせる上で、大きな交代カードだった。


88分、エムバペデンベレ

93分、グリーズマンフェキル


0-2でフランスがBEST4進出。





 




 

www.jtwya-s21.work

 

 

サッカー関連おすすめ本