*Just the Way You Are* ~はみ出し者の旅~

サッカー、音楽、旅などについて書いてます。遠回りの人生の中で感じたことを只々、綴っています。お問い合せはこちら。Mail : jtwya.s21@gmail.com

【ロシアW杯】堅守とプレッシング。『スウェーデンvsスイス』

f:id:jtwya_s21:20180514141253j:plain

Russia World Cup



 

 こんにちは、Kei@s21cd4869)です。


日本のゲームから一夜明け、大会は19日目を迎え、Round 16のゲームも残り2つ。
そのうちの1試合、スウェーデンvsスイスを振り返っていきます。




f:id:jtwya_s21:20180620010510j:plain

Russia World Cup





前半




 スウェーデンは今まで通り、[4-4-2] というシステム。一方のスイスは、[4-2-3-1] というシステム。スイスは、右サイドバックのリヒトシュタイナーが出場停止で、ランクが先発。


予想通り、スイスがボールを保持する展開。スウェーデンは、堅守でありながら、[4-4-2] のお手本のようなプレッシング。


スウェーデンの守備に手を焼き、スイスはなかなかチャンスを作れず、スウェーデンは攻め込む時間があったものの、決めきれずスコアレスで折り返し。





 





後半



 フォルスベリが中盤で起点を作る。アクセントをつけながら、タクトを振る。


68
分、フォルスベリのシュートが上がんじに当たってコースが変わり、スウェーデンが先制。


73
分、ツーバーエンボロ

   ジュマイリセフェロビッチ

82
分、フォルスベリオルソン

   ルスティグクラフト


スイスはボールを保持しながらも、決定的なチャンスを作り出せず。スウェーデンの堅守の良さが出ているゲーム。


90
分、ベリキーセ・テリン



1-0
で試合終了。


スウェーデンがBEST8進出。




スウェーデンはスーパースターはいないものの、チームとしての戦い方が明確。そして、選手全員が共通の理解を持っている。レスターやアトレティコマドリードがやっている形に似た戦い方。フォルスベリのような選手がもう一人いると、攻撃面でのクオリティが上がると思う。しかし、素晴らしいチーム。




 



 

www.jtwya-s21.work

 



サッカー関連おすすめ本