*Just the Way You Are* ~はみ出し者の旅~

サッカー、音楽、旅などについて書いてます。遠回りの人生の中で感じたことを只々、綴っています。お問い合せはこちら。Mail : jtwya.s21@gmail.com

【ロシアW杯】メキシコが挑み続けるBEST8への戦い。『ブラジルvsメキシコ』

f:id:jtwya_s21:20180514141253j:plain

Russia World Cup




 


 こんにちは、Kei@s21cd4869)です。



大会は18日目。復権を誓う王国ブラジルと、相手の良さを消しながら、自分たちの長所を活かすメキシコの決勝トーナメント1回戦。




f:id:jtwya_s21:20180620010510j:plain

Russia World Cup




 

前半

 

 

 ブラジルは、[4-3-3]怪我のマルセロに代わって、フィリペ・ルイスが先発。メキシコは、[4-3-3]中盤の底にベテランのマルケスが先発。

 

 

立ち上がりはメキシコがやや優勢か。21分、左サイドの崩しからC.ベラの突破。グラウンダーのクロスにグアルダード。ダイレクトで打てればといったところだったが、形はできている。この良い流れの時間帯に先制点を奪っておきたいところ。

 

 

ブラジルは、左サイドでネイマールとコウチーニョのコンビネーションからいくつかチャンスを作った。スペースがない中でもワンツーなどを使いながら2人で崩していく形はいかにもブラジルらしいプレー。

 

 

前半は両チームともに、左サイドを中心にチャンスを作ったが、スコアレスで前半終了。

 



 


 

後半

 


45
分、マルケスラジュン

 

立ち上がりブラジルが攻勢を強める。 メキシコは、奪って素早いカウンターを仕掛けるも、遠目からのシュートで単調な攻め。

 

 

51分、ネイマールが左サイドからカットインし、ヒールでウィリアンへ。ウィリアンが持ち出して、グラウンドの速いクロス。最後はネイマールが押し込みブラジル先制。

 

 

55分、アルバレスジョナタン・ドス・サントス

 

 

システムは[4-3-3]のまま変わらず。エレラが中盤の底、その前にジョナタン・ドス・サントスとグアルダード。

 

 

60分、エルナンデスヒメネス

 

 

前半から足を気にする様子も見られ、運動量も少なかったエルナンデスをここでベンチへ下げる決断。今日はコンディションが万全ではなさそうだった。

 

 

メキシコは、システムを[4-1-2-3]から、[4-2-1-3]へ変更。ジョナタン・ドス・サントスをやや前目に置くイメージか。

 

 

メキシコはカウンターに活路を見出すも単調な攻撃が続く。

 

 

80分、パウリーニョフェルナンジーニョ

 

 

ブラジルは少しでも接触があれば、ピッチに倒れて時計の針を進める。

 

 

86分、コウチーニョフィルミーノ

 

 

メキシコは不用意な縦パスをカットされて、カウンターを喰らう。ネイマールが持ち込んで最後は途中出場のフィルミーノが決めて勝負あり。

 

 

メキシコがやりたいカウンターをブラジルにやられてしまった形。攻撃に出なければならない状況で焦りが出た場面だった。それを見逃さないブラジルは流石。

 

 

91分、ウィリアンマルキーニョス

 

 

1点を失ってから、メキシコは早めに選手交代をし、システムを変え、勝負に出たが前半ほどの良い形での攻撃はできず、攻めが単調になってしまっていた。先に失ったことへの焦りがプレーに顕著に表れてしまったかなと思う。

 


ブラジルは、無失点で一見、良く守れていたようにも見えたが、守備での連動はあまり見られず、この先勝ち進むには不安な要素の一つではある。





 



 

www.jtwya-s21.work

 



サッカー関連おすすめ本