*Just the Way You Are* ~はみ出し者の旅~

サッカー、音楽、旅などについて書いてます。遠回りの人生の中で感じたことを只々、綴っています。お問い合せはこちら。Mail : jtwya.s21@gmail.com

【ロシアW杯】速さ、激しさ、強さを感じた90分。『ウルグアイvsポルトガル』

f:id:jtwya_s21:20180514141253j:plain

Russia World Cup

 

 

 

 こんにちは、Kei@s21cd4869)です。


大会は16日目を迎え、決勝トーナメントも2試合目。
このゲームの勝者が前の試合で勝利したフランスとの対戦になる。




f:id:jtwya_s21:20180620010510j:plain

Russia World Cup





前半



 7
分、カバーニがサイドチェンジでスアレスに渡し、スアレスの正確なクロスに再びカバーニが合わせてウルグアイが先制。前半の立ち上がりに早くもゲームが動いた。


ここまで無失点のウルグアイが先制したことで、ポルトガルにとっては苦しい展開。しかし、グループAの対戦相手を考えればポルトガルにも勝機はあるはず。


ウルグアイは外ではある程度持たれても、中央はやらせないという守備。押し込まれた際には、スアレスを1枚残して、10人で守る形を取っている。


ウルグアイはポジティブ・トラジションからカウンターが一つの形。このゲームでもその形から何度もチャンスを作っていた。


ポルトガルは、ボールを奪ってからウルグアイの守備にペースダウンさせられるため、ウルグアイにその間にブロックを作られて、なかなか良い形で攻撃ができていなかった。


それにしても、両チームともに激しく、強いゲームになっている。この速さ、強さ、激しさの中で普通にプレーできている選手たちは本当に凄いと思う。


前半は1-0で折り返し。



 



後半

 

 55分、コーナーキック(ショートコーナー)から最後はぺぺが決めて1-1、同点に追いつく。


62分、キーパーのロングキックのこぼれ球から、ベンタンクールがパス。これをスアレスがスルーして、最後はカバーニの見事なシュートが決まってウルグアイが勝ち越し。


62分、ベンタンクール→ロドリゲス

65分、アドリエン・シウバ→リカルド・クアレスマ


71分、カバーニが負傷し、自ら交代を求める。

73分、グエデス→アンドレ・シウバ
   カバーニ→ストゥアニ


ポルトガルは攻勢を強め、右サイド(ウルグアイの左サイド)から攻め続けるも、ウルグアイの中央の守備は堅く、なかなか攻略できない。


80分、ナンデス→サンチェス


終盤は、攻めるポルトガル、守るウルグアイという構図。ウルグアイの中盤は間延びし、フォワード以外が全員で引いてブロックを作り守る。


ポルトガルの終盤の攻撃も実らず、このまま試合終了。2-1でウルグアイが勝利。


カバーニの怪我の具合が次戦に向けて不安材料ではあるが、チームの状態は物凄く良いと感じた。



準々決勝 組み合せ


フランスvsウルグアイ




いよいよノックアウトステージが始まった。ここからは生きるか死ぬかの戦い。全てをかけた国と国との戦いが見られる。この喜びは言葉にならない。理屈も戦術も、それら全てを超えたところで勝敗は決する。そんなゲームを期待したい。




 



 

www.jtwya-s21.work

 


サッカー関連おすすめ本