*Just the Way You Are* ~はみ出し者の旅~

サッカー、音楽、旅などについて書いてます。遠回りの人生の中で感じたことを只々、綴っています。お問い合せはこちら。Mail : jtwya.s21@gmail.com

【書評】PITCH LEVEL / 岩政大樹 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法



PITCH LEVEL: 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法



 鹿島アントラーズやファジアーノ岡山、タイ、そして日本代表で活躍し、現在は東京ユナイテッドFCに所属する岩政大樹氏の著書。購入してから、ずっと積読していた形でしたが、やっと読み終えました。


崩された失点ではない

 日本サッカー界で浸透し、当たり前のように使われている言葉一つに違和感を持って探って行くのは、実に岩政さんらしいなぁと感じた。日本サッカーの慣習(taking for granted)のようなものに違和感を持てるか、疑いを持てるかという視点は今まで自分の中にあまりなかった感覚だった。


ごっつぁんゴールの価値

 ただ触るだけ、ごっつぁんゴールと呼ばれるゴールはよくそう言われる。僕はそこにずっと、違和感を感じていた。岩政さんも同じ事を思っていた。そこにいることが全てで、ごっつぁんゴールには、ものすごく価値があると思っていた。それを解説してくれている。是非、読んでいただきた部分。


 


サッカーを知っている選手

 サッカーを知っている選手は誰かと問われれば、まず思いつくのは、元スペイン代表のシャビであったり、日本であれば、中村俊輔選手や、中村憲剛選手あたりが思い浮かびます。あなたも、この質問で何人か思い浮かぶ選手がいるでしょう。しかし、サッカーを知っている選手とはどんな選手で、その他の選手と何が違うのかと問われた際に、上手く言葉にできるでしょうか?実際、僕自身も伝えようとしますが、おそらく上手く言葉には出来ないと思います。それを岩政さんは、中村憲剛選手のプレーを例に上手く表現されています。



 岩政さん自身も、冒頭で書いているのですが、ここまで論理的に物事を捉え、思考している方だとは思っていませんでした。スカサカなどで解説などをしている映像を観るまでは、どちらかといえば情熱型の選手であると勝手に思い込んでいましたが、本著を読んだことで、その印象はガラリと変わりました。本著では、丁寧に書かれており、サッカー玄人の方も、素人の方でも、読みやすい内容になっていました。是非、読んでみてください。

 

PITCH LEVEL: 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法

PITCH LEVEL: 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法

 

 

サッカー関連おすすめ本