*Just the Way You Are* ~はみ出し者の旅~

サッカー、音楽、旅などについて書いてます。遠回りの人生の中で感じたことを只々、綴ってます。

天皇杯 準々決勝 川崎フロンターレvs柏レイソル




受け入れがたい結果になった。
3冠の可能性が2冠になった。

立ち上がりから、レイソルの素早いプレスに苦しんだ。
レイソルとの対戦は、僕自身、あまり良いイメージがない。
パスが回らず、リズムが生まれない。レイソルペースでゲームは始まった。
前半も中盤に差し掛かると、森谷や家長のプレーなどで少しづつリズムを取り戻していった。前半のこの時間帯に一つゴールを奪えていれば、全く違った展開になっていたと思うと悔しさが滲む。ただ、広島戦の際にも感じたが、良くない流れの中で崩れずに耐えられたこと、また、森谷、家長、新井のプレーがとても頼もしかったことなど、マイナスのエレメントばかりではなかったと思う。


家長も新井も良かったが、個人的には、ボランチに入った森谷のプレーが目を引いた。
中盤でボールを触る回数も多く、長短織り交ぜ、リズムを生み出す左右への展開や中盤でのキープ力。大きくメンバーを入れ替えたチームにあって、絶対的な存在として今日のピッチに君臨していた。もっと決定的な仕事に絡んでいけるともっと怖い選手になっていけるという伸び代も感じた。



天皇杯は残念ながら、敗退となったが、レイソルに借りを返す舞台は週末に用意されている。敗退のショックを払拭するためにも、切り替えてルヴァン杯、リーグ戦の戦いでベストを尽くすためにも、週末のリーグ戦はとても重要な一戦となるだろう。



リーグ戦では、ベストメンバーで望むだろうし、優勝への気持ちが試される、そんなゲームになるだろう。ここで崩れてしまうと、今季ここまでチームが積み上げてきたものが無駄になってしまう。サポーターも含め、選手一人一人が精一杯闘うこと、そして内容は別として、勝ち点3を取ることが必要不可欠になる。



週末のレイソルとの対戦が終われば、次はルヴァン杯のファイナルが待っている。
良い流れで挑めるように、週末のゲームを良い形で終えなくてはならない。

タイトルへ向けて、緊張感のあるゲームがタイトなスケジュールで続いて行くが、今日の敗戦が気を引き締める良い教訓になれば、この負けから得るものがあったと言えるだろう。


まだ、終わっていない。むしろここからがスタート。
まずは、週末のレイソル戦。みんなで一つになって借りを返そう。