*Just the Way You Are* ~はみ出し者の旅~

サッカー、音楽、旅などについて書いてます。遠回りの人生の中で感じたことを只々、綴ってます。

追う者と追われる者 ~第30節 広島vs川崎~

 

 今日の広島とのアウェイゲーム。
相手は残留争い最中のチームで、最近のチーム状況は上向き。

難しいゲームになると予想できた。
その予想通りの立ち上がりになった。
広島の厳しい寄せに前半はパスが繋がらない展開。
それゆえに、パスのテンポも上がらずに、攻め込まれる時間帯が続いた。

大島、阿部が怪我。ネット、家長が出場停止。主力4人を欠く、苦しいチーム事情もシーズン終盤はどこのチームにもこういった状況は訪れる。昨年も同じような状況で結局CS、天皇杯ファイナルも敗れた。
こういった状況でこそ、このチームの真価が問われる。

負の連鎖は止まらず、前半好セーブを見せていたGKチョン・ソンリョンが前半途中で負傷交代。新井が交代で入った。

しかし、守備陣が奮闘し、なんとか失点せずに前半も残り5分ほどに差し掛かった。
中村のセットプレーから、得点が生まれた。雨でボールが滑る状況だったことも幸いし、ラッキーな形ではあったが、待望の先制点を奪った。その直後にも、中村の縦パスから、三好が左足を振り抜いて2点目。最高の形で前半を折り返した。



三好の今季リーグ初ゴールは嬉しい。まだまだ出来るとは思うが。
三好について触れている記事はこちら。↓

jtwya-s21.hatenablog.jp

 





先制点が入ってから、攻撃にリズムが出ていた印象。
昨年までならば、押し込まれて内容が悪い際には耐えきれずに失点してしまう癖があったため、チームの成長を感じた。

長谷川竜也に代えて、登里がはいいた際に、長谷川の表情が印象的だった。このゲームを通して、よく走っていて貢献度は高かったが、少し空回りしていた印象で、熱くなる場面も見られた。ベンチに下がる際に、苛立ちを露わにする姿を初めて見た。それだけ気持ちが入っていたゲームであったことが見て取れたし、彼はもっと成長できるだろうと確信した。

ゲームに話を戻すと、後半は両チーム共にチャンスは作ったが、決めきれず。0-2のまま、試合は80分へ。変わって入ったGK新井のパントキックから小林悠がDFをブロックし、右足を振り抜き、今季18点目を決め、0-3で勝負あり。



 19時K.O.で始まったマリノスvsアントラーズのゲームは打ち合いの末に3-2でマリノスが勝ち切った。ありがとうマリノス

この結果を受けて、残り4試合で勝ち点差は2。
ここからルヴァン杯の決勝、天皇杯順々決勝、そしてリーグ戦と、ハードな日程で進んでいく。

今いるメンバーで勝ち切っていく必要がある。
チーム一丸となって、総力戦で頂点を目指していく。
悲願のタイトルへ、引き分けも負けと同じ。残りのゲーム全てを全員で勝ちに行こう。
もう一度、気を引き締めて、目の前の試合で全力を。