*Just the Way You Are*

サッカー、音楽、旅などについて書いてます。サッカー多めです。

第6節 川崎フロンターレvsヴァンフォーレ甲府

 

 

 

前節、またも負傷で離脱者が出て、ますます厳しい台所事情になった。

そんな中で迎えたホーム甲府戦。

 

前半からボールを持つ時間も長く、

終始、ゲームを支配する展開で前半も後半も進んでいた。

甲府の守備の頑張りで、試合を通して、甲府ディフェンスを崩すことが出来ず、

ただ時間だけが過ぎて行った。

 

単調なパス回しだけで、そのパス回しの中でもう少しアクセントをつけるようなプレーがあれば違った結果になったのではないか。

 

ドリブルをする場面もいくつかあったが、もっと仕掛けのドリブルをして欲しかった。

そういう意味でも三好の投入など、カードを切るのが少し遅かったと感じた。

 

 

前半から崩しきれずにシュートまでいけない場面が多かったが、崩しきれないのであれば、ディフェンスを少し外して、遠目からでも打っていけば、相手のディフェンスを少しは前につり出すことが出来たのではないか。

 

そして、各駅停車のようなパスだけでなく、周りが動いて一つ飛ばしたり、ダイレクトのプレーを交えるなど工夫の仕方はいくつもあったはずだ。

 

パスがテンポよく回らなかったことで、全体的にペースが上がらず苦しいゲームだった。

こういう状況を打開できるアイディアが足りなかったと思う。

 

鬼木監督も言っていたが、中と外の使い方がチグハグだった。

なんとか引き分けたけど、ホームでこんな試合内容で、ほぼ負け試合みたいなもの。

 

ただ、厳しいチーム状況の中ですぐに次(ACL)がある。

切り替えて、前を向いて次のACL広州恒大戦に備えるしかない。

 

長いシーズンこういう状況もある。

ここを耐え抜ければ、その先に栄冠が待っているに違いない。