*Just the Way You Are*

サッカー、音楽、旅などについて書いてます。サッカー多めです。

遮光 / 中村文則

遮光 (新潮文庫)

遮光 (新潮文庫)

 

 僕が本格的に本を読みだしたときの1冊目に読んだ小説。

書店で何を読もうか探していて、ジャケ買いというか、タイトル買いした。

まぁいきなり長編を読むのに気が引けて、薄くてちょうど良いものを買おうとしていたのもあるが。

 

本の厚さ的には薄いが、内容は対照的だった。

終始、暗い描写で物語が進む。

あまり書くとネタバレになってしまうので難しいところですが、

純愛がやがて狂気になっていってしまう。

純愛と狂気は実は紙一重なのではないかと思ってしまった。

陰鬱としていて悪く言うと、後味が悪い。

でも、それがいい。

 

 

人間の中というか、僕自身にある闇、負の部分を刺激された。

そんな作品だった。

 

1作目にしては、暗くて重い作品を選んでしまったが、自分の性格というか好みに合った作品だった。

 

 

遮光 (新潮文庫)

遮光 (新潮文庫)